トップページ » 2012年9月

ドライベジタブル

2012年09月17日(月.)
カテゴリー:チャレンジシリーズ
「干し野菜」 がひそかなブームを呼んでいるのをご存じでしたか?

家庭菜園で、たくさん取れすぎてしまった夏野菜たち。
ちょっと見た目がいびつだったり、傷んでいる部分があったり。

そんな野菜たちは、保存用に干し野菜にするのが流行っているそうです。

干すことで野菜の栄養や旨味がギュッと凝縮されて、
濃い味わいと独特の歯ごたえがとっても美味しいのだそうです。

ちょっと前に、女性の間でドライフルーツのブームがありましたけど、
次はドライベジタブルです!

今回は 「ゴーヤ」 を干してみることにしました。

2502012.9.5ゴーヤ1.jpg 2502012.9.5ゴーヤ2.jpg

ゴーヤは大好きなんですけど、一度にたくさん採れて採れて、本当に困ってました。
8月の終わりに急にたくさん実るんですよ。。。

ゴーヤチャンプルーも、ゴーヤサラダも、もう食べ飽きたんです。

だから、とりあえず一旦ゴーヤと距離を置きたくて 「干す」 ことにしました。


干したゴーヤは、チャンプルーはもちろん、揚げてチップスにすると美味しいんだそうです。

干すときは栄養価の高い種もワタも、そのまま干して食べられるんですが、
今回は取り除いて輪っかにして干しました。


干しゴーヤ、だいたい1~2日で完成するはずだったんですけど。。。

・・・失敗してカビてしまいました。

天候が不十分だったのと、厚く切り過ぎていたことが原因でした。

ベストは5㎜幅くらいだそうです。


反省を生かして、またいずれ、チャレンジしてみます!



続きを読む>>

ど根性のその後・・・

2012年09月12日(水.)
カテゴリー:商品部Mの表現広場

こんにちは。

 

そうです!!

 

商品部Mです!!

 

 

以前「ど根性〇〇」と題してブログを書かせて頂きましたが、ご覧になられた方いらっしゃいますか?

 

・・・・

 

 

いてください。(怒)

 

 

その後が気になっていらっしゃった方!!

 

 

そう、そこのあなたですよ!!(笑)

 

そんなあなたのためにその後をアップいたします。

 

 

9.12ブログ用 001.jpg

ちなみに撮影は9月12日。

 

 

9.12ブログ用 002.jpg

しっかりと稲穂が!!

悪環境の中で偶然芽を出した1粒が、

力強く生長していく姿

 

生命力感じます!!

 

 

また、進捗はご報告致します。

では。

 

 

 

続きを読む>>

私は種になりたい

2012年09月04日(火.)
カテゴリー:商品部Mの表現広場

本社商品部のMです。

 

9月に入り、秋の気配を少し感じながらもまだまだまだ残暑厳しい今日この頃、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

この夏、東日本は超猛暑で全く雨も降らず、このあたりでは9月になり取水制限が始まったり・・・。

かと思えば、西日本では豪雨で被害が発生していたり・・・。

まさに異常気象で困ったものです。

 

M家ではこの夏の暑さにしびれをきらし、「今年こそはエアコンを買う」と心に決め、家電量販店へ。

A店B店とはしごをし、

 

財布と相談し、

 

悩みに悩んだ末・・・

 

 

気がついたらもう9月になりました(笑)

 

なのでまた来年、悩もうと思います。

 

そんなMが夏場、播種試験を行う際、いつもオモウコト・・・

 

「私は種になりたい」

 

 

ブログ用9.4 001.jpg

 

なぜなら、この播種試験の検体(セルトレーに新聞紙が覆ってあるもの)、発芽までクーラー完備の部屋で過ごします。

というのも、夏場のハウス内温度、60℃オーバー。

発芽には水と温度って非常に重要で、「発芽適温」というのもあります。

「発芽適温」は作物によって差がありますが、だいたい20℃~25℃くらいのものが殆んどかと。

60℃オーバーのハウスですと、もちろん正常に発芽しません。

節電が叫ばれる中ではありますが、正確なデータ収集と品質管理のためにやむ終えず室内で発芽させています。

 

 

適温の中で眠りから目を覚ます時を待つ種。

 

熱帯夜の中全く眠りにつけないM。

 

 

ジェラシーです(泣)

 

 

もちろん発芽をしたらハウスへ移動。

ブログ用9.4 002.jpg

ブログ用9.4 003.jpg

ちなみに播種したのはハクサイです。

また、ハウスでも温度や潅水など、手間がかかるわけです。

 

 

農家さんはこれより数倍の手間をかけて、作物を生産し出荷しているわけです。

 

そのおかげで、いつでもおいしい野菜を私たちは口にすることが出来るのです。

 

本当に頭があがりません。

 

 

そんな農家様や、生産者様へ少しでもお役立ちできる様、弊社では品質に特化した様々な農業資材(培土)を取り揃えてさせて頂いております。

現在でも多くの農家様、生産者様にご愛顧頂いております。

しかし、日本というのは狭いようで広く、今もなお「使用したくても近くに瀬戸ヶ原花苑の商品を置いてない」、「瀬戸ヶ原花苑」を知らないという方がいらっしゃるのが現状です。

もっともっとたくさんの方に、「瀬戸ヶ原花苑」を知って頂き、「瀬戸ヶ原花苑品質」を実感して頂きたいと、切に願うのでした。

 

もっとグローバルに、よりスタンダードに。

 

そのために日々前進∞

 

 

追伸、

私M、エアコンも常時受付中です。(笑)

 

 

お後がよろしいようで。

 

続きを読む>>

« 2012年8月 | トップページ | 2013年2月 »